忘年会の挨拶を頼まれたときには困り
ますよね。

乾杯の音頭
始めの挨拶開会の挨拶
閉会(締め)の挨拶



があります。挨拶の例と共に仕方を
まとめてみました。

スポンサードリンク




忘年会の開会の挨拶の例は?


忘年会の開会の挨拶は簡単に済ませて
しまえば良いでしょう。ほとんどが
司会者の方が行うことになります。


例としては


『ただいまより、︎︎会社の忘年会を始め
ます。本日、司会を務めさせていただき
ますAです。どうぞよろしくお願い
します。』



『まずはじめに、︎︎社長よりひとこと
ご挨拶をいただきます。』


開会の挨拶は本当に短くて大丈夫です。
自分の簡単な自己紹介は入れておき
ましょう。


続いてすぐに、始めの挨拶をしてもらう
人を紹介します。


スポンサードリンク



忘年会の始めの挨拶の例は?


忘年会の始めの挨拶は参加している中
で一番役職が上の方が行うでしょう。


始めの挨拶はどんなに長くても3分
までには終わらせます。


始めの挨拶の例としては

『みなさん、一年間お疲れ様でした。』
『今年一年間、ほんとうにお疲れ様でした。』
『今年一年間、みなさまにはお世話になりました。』


最初に参加者の労いの言葉を入れましょう。


『今年のスタートは~~』


次に今年一年間にどんなことがあった
のか簡単に言います。ここで挨拶の
長さが決まります。


これは何でも大丈夫ですが、会社なら
会社関係、町内会なら町内会関係などに
触れるようにしましょう。


『今日は仕事のことは忘れて、
楽しんでください。』


『今日ここでは、すべての苦労を
忘れて飲み明かしましょう。』


『皆さんとなかなか言葉を交わす
機会は少ないですが、今日は語り
合いましょう。』


最後に忘年会の目的を言って終わり
です。

nama

忘年会の乾杯の音頭の例は?



乾杯の音頭は基本的には始めの挨拶と
同じです。


始めの挨拶と一緒に乾杯の音頭も
行うのであれば、最後に乾杯の言葉を
入れるだけです。


『今年、ほんとうにお疲れ様でした!
それでは乾杯!』


『︎︎会社のますますの発展を祈念いたし
まして、乾杯!』


『日頃の協力に感謝いたしまして。
みなさまのご健勝とご多幸を祈念
いたしまして、乾杯!』


『僭越ながら、乾杯の音頭を取らせて
いただきます。みなさまご唱和ください。
乾杯!』


始めの挨拶を他の方にしてもらった
ときには、長くても2分間くらいに
しておきましょう。本当に1分以内で
ササッとしてしまう方が喜ばれます。



もしひとこと挨拶を入れるのであれば、

・労いの言葉
・忘年会の目的
・乾杯の発声

この流れで乾杯の音頭をとれば大丈夫です。

(一年間の出来事を述べるのは長く
なりすぎます。)

68

忘年会の閉会(締め)の挨拶


閉会(締め)の挨拶もまた、長くても
3分以内にしてしまいましょう。


閉会の挨拶の例としては

『みなさまのおかげで今年も無事に
過ごすことができました。ありがとう
ございました。』

『本日はお忙しい中、お集まり
ありがとうございした。』

『みなさまのご活躍のおかげで、
今年も無事に過ごすことができました。
改めて御礼申し上げます。』

最初にひとこと労いの言葉を入れます。


『また明日から気持ちを新たに
頑張っていきましょう。』

『来年からはさらに頑張って
いきましょう。』

『来年にみなさまの笑顔に会える
ことを楽しみにしております。』


次にひとこと豊富を入れます。


『それではみなさま、本日は本当に
ありがとうございました。』

最後は締めて終わりますが、締め方は
会社や地域などによって違うようです。そ
れは毎年の流れと同じようにすれば
大丈夫。


最後に乾杯
万歳三唱
一本締め

どれかになるかと思います。