朝すっきり起きれない悩みはあり
ませんか?その原因はなぜかわかって
ますか?

冬だと余計に起きれないのにも理由が
あるんです。

その原因と理由を調べてまとめて
みました!

スポンサードリンク

朝起きれない原因と理由

目覚ましは鳴ってるのに止めてまた
寝る。ギリギリまでどうしても
起きれないという悩みは少なくない
ようです。



1.疲れ

これは当たり前かもしれませんが、
あまりにも疲れが溜まっていると
朝起きられなくなってしまいます。


疲れを取る方法を試してみてください。
疲労を取る方法とは>>

WS000831



2.体内時計がおかしい

体内時計がおかしくなってしまうと
起きる寝るのホルモンバランスの
切り替えがうまくいかないため、
朝起きれなくなってしまいます。


この体内時計は太陽の光を浴びること
で1日を調節しています。冬にはこの
太陽の光が弱く、太陽が出ている時間
も短いため、
体内時計の調節がしに
くくなると言われています。



これが冬に朝起きられなくなって
しまう原因の一つです。この場合には
朝起きられないだけでなく、夜には
なかなか寝れないことが多くあります。


体内時計は夜遅くまで電気をつけた
部屋で夜更かし、不規則な生活を
することでも乱れてしまいます。


スポンサードリンク

3.体温が低い

眠りにつく時には手足が暖かくなる
のは知ってますか?これは寝るとき
に熱を身体から逃がして体温を下げて
いる
からです。


眠っているときには体温が低くなり、
体温が高くなると起きるということ
です。


しかし、冷え性などで体温がもともと
低かったり、手足が暖かくならないと
上手く寝るときに体温を下げられなく
なり
、睡眠の質が悪くなり、寝覚めが
悪く、起きられない原因となります。

WS000835

朝起きる時は逆に体温が上がっていき
ますが、冷え性だと体温が上がらず、
スッキリと起きられません。


とくに冬は体温が上がりにくく、
活動量も減るため、
朝起きられない
原因の一つになります。


普段から体温が高めの方が眠りに
つきやすく、質の良い睡眠を取れる
ようです。

WS000836



4.覚醒ホルモン不足

体内時計の乱れのときにもあります
が、何らかの原因で目覚めに関係する
セロトニンというホルモンの不足
が朝起きられない原因
かもしれません。


セロトニンは朝起きる時に分泌が
増えていきますが、この量が増えない
ことがあります。


運動不足、太陽の光不足、栄養不足
などでセロトニンが増えないことも
ありますが、もともとセロトニンが
作られにくい人もいるみたいです。

WS000829

なかなか起きられない人はセロトニン
を増やす生活心がけるといいでしょう。



5.睡眠の質が悪い

長い時間寝ても朝起きれないのは睡眠
の質が悪いからです。
睡眠時間が短く
ても良い眠りが出来たらスッキリと
起きれることも。


レム睡眠、ノンレム睡眠といった関係
ですね。眠りが深いノンレム睡眠を
取れるようにしないとダメなんです。

WS000833

良い睡眠を取る方法はこちらから↓↓
質の良い睡眠をとるには>>


どうでしょうか?なにか当てはまる
かもしれないことはありましたか?


生活習慣をきっちりして、早寝
早起きをしても全く効果がない場合
には病気の可能性もあります。


まずは生活習慣を整えることから
始めてみてください。