ぎっくり腰になったときは痛みがあまりにも
激しすぎて、パニックになることも。

ぎっくり腰になったら応急処置・対処法は?
予防するにはどうすればいいのでしょうか?

スポンサードリンク

ぎっくり越しになったらすべき応急処置、対処法

ぎっくり腰になったらまずはすぐに
冷やしましょう。
ぎっくり腰になった
箇所の周囲には必ず、筋肉など炎症を
起こしています。



炎症を抑えるには冷やすのが一番の
応急処置なんです。



とにかく痛みが一番無い姿勢でジッとして、
氷で冷やすのが早く治すためには必要です。

20110417025212_4da9d74c2d89e1

冷湿布には消炎作用をもつものがあり
効果的ですが、痛みを麻痺させて動きが


楽になってしまい、動くと悪化させる
ことがあるので注意です。



この応急処置、対処法は痛みが和らぐ
1~3日は続けてください。



間違った対処法をしてしまうと悪化させて、
治るまで時間がかかってしまいます。

tok_genkiimge05

温めたり、揉んだり、叩いたりは炎症を
悪化させます。
そのためおふろはシャワーだけに


しておくべきです。痛みがなくなる10日~
くらいからは温めてやることは有効です。



病院に行くかどうか迷うかもしれませんが、
基本的には痛み止めと湿布を処方され、
安静にしておきましょうと言われます。



痛みが続くなら検査をしましょうという
流れになるでしょう。



痛いのに我慢して頑張って行ったのに
たいしたことをしてくれないことが
多いのです。


スポンサードリンク


病院に行った方がいい症状としては

・ますます痛みが強くなってきており、
弱まることがない。

・腰の痛みが無い楽な姿勢が無い。

・ジッとしていても痛みが強い

・手足に力が入らない、しびれている

・吐き気、頭痛などがある

こんなときには病院で診察してもらったほうが
良いでしょう。しっかり症状を伝えよう。

sick_gikkurigoshi_man

痛みが無くなり日常生活に戻っても腰に
違和感があるならマッサージや鍼治療に
通ってみてはどうでしょうか。 


ぎっくり腰になったときの体操です↓↓





ぎっくり腰の予防

ぎっくり腰は気をつけておくことで
予防することは可能です。



重いものを持つときは腰をなるべく
曲げずに、膝を曲げて持ち上げる。
腰に重さがかからないように。



重いものはゆっくり持ち上げる。

mig

イスには深く腰掛けて背もたれに
きっちり腰をつける。


顔を洗うときは少し膝を曲げて、
腰の曲げを少なくする。


柔らかすぎるベッドで寝ない。

運動不足は解消する。


身体を柔らかくする。


同じ姿勢はなるべく避けて、休憩を
こまめにしよう。急に動かない。


腹筋と背筋をバランスよくつける。

133f3695

とにかく腰は毎日毎日使われている
重労働をしているのです。



腹筋と背筋で腰を守ってあげつつ
腰の使い方を覚えていきましょう。