季節の変わり目には風邪をひく人が
いて、気温が急激に変化して、急に
寒くなったり、暑くなったりする
ので、免疫が下がり、風邪のウィルス
にやられてしまいます。

風邪のひきはじめでは、風邪薬を
飲んで、たっぷりと休養して免疫力
を回復する必要があります。

さらに、体を温めることも効果が
あります。

日本では子供が風邪をひいたら
お風呂に入ってはいけない
と親
に言われています。

しかし、ヨーロッパでは風邪を
ひいたらお風呂に入るように

全く正反対のことを言います。

風邪をひいたらどうするべきで
しょうか。お風呂に入るべきなの
でしょうか。

スポンサードリンク

風邪をひいたらお風呂に入らない?

風邪をひいたらお風呂に入らないと
いう習慣は、医学的な根拠がある
わけではありません。


これまでの日本人の生活環境から
来る考え方のようです。


日本は湿度が高い国なので、昔から
風通しの良い木造住宅が一般的でした。


そのため、夏場は涼しいのですが冬場
はすきま風が多く、以前は断熱材など
もありませんでした。


さらに、以前の日本人は毎日銭湯に
通ったり、お風呂も母屋とは離れた
場所に設置されていました。


それで、風邪をひいたらお風呂に入る
のはいけないという考え方は、以前の
日本は風呂から出たらすぐに湯冷め
して、風邪をこじらせてしまわない
ようにという警告
が含まれていました。

ofuro


風邪をひいたらお風呂に入る?

しかし、現在は家の造りは昔と違い、
家の造りはマンションなどコンクリ
ートに囲まれています。


家の中には暖房器具があり、部屋の
中も暖かいので心配無用でしょう。


お風呂に入ると風邪の症状が悪化する
と思われてきましたが、風邪の時には
お風呂に入ったほうが効果があります。


熱が出ていても、正しい方法でお風呂
に入れば免疫力や抵抗力を高めること
ができます。


では、風邪をひいた時にお風呂に入る
とどんなメリットがあるのかを具体的
に考えてみましょう。

WS000040


風邪の時にお風呂に入るメリット

まず、入浴して体を温めれば、体全体
の血行が促進されます。


そして、筋肉の緊張が和らいで血管
が広がるので、新陳代謝も高めて
くれます。


また、体温が上がるので、鼻の通り
が良くなり鼻づまりが改善されて、
浴槽から出る湯気は喉に潤いを与える
ので、ウイルスの活動を抑える働きも
あります。


さらに、風邪で熱があるときには汗を
かくので、お風呂に入らないと皮膚に
老廃物がたまりがちですが、皮膚を
清潔に保つことで、病気を防ぐことが
でき、ウイルスにも抵抗しやすくなり
ます。


湯船に浸かってお湯の温度で体温が
上がると、体は体内の熱を逃がそうと
働くので、解熱作用もあり、お風呂
から出ると体が軽くなります。

WS000041 しかし、幾つか注意すべき点もあり、
長い時間お湯に浸かっていたり、
お湯の温度が高いと体力が減って
しまいます。


それで、浴槽のお湯は、ぬる過ぎず
熱過ぎずが目安で、汗をかく一歩
手前ぐらいの温度がベストです。


さらに、脱衣所や浴室は寒くないよう
に、温めておくようにして、風呂上がり
にはドライヤーを使ってしっかり乾かす
ようにしましょう。


風邪の時のお風呂の入り方

風邪をひいた時に入るお風呂の入り方
についてですが、お風呂の温度は、
どれくらいに保つのがよいのでしょうか。


体を温めることで免疫機能を高める
ことができ、身体が菌の戦うのに
ベスト体温平熱よりも1度上がった
くらいが望ましいそうです。


日本人の平熱の平均は、36.5度前後
なので、お風呂に使って体温が37.5度
前後になると体の自己治癒力は約5倍
にアップします。


そのためお風呂の温度は38度から40度
が理想
的で、ぬるま湯よりは少し熱い
くらいの温度だと体を温めてくれます。

WS000042

さらに、お風呂の入り方で注意する
のが入浴時間で、自分の体調に合わ
せて調節する必要があります。


長風呂をしないで10から20分前後
にしたり、風邪が治ってきている
なら約30分ほど浸かってしっかりと
汗をかくと効果があります。


また、血行をよくするために浴槽の
中で、手首や足首を回して血液の
循環を良くしたり、身体を温め易く
するためにマッサージをすると良い
でしょう。


この時に半身浴は避けるようにして、
しっかり肩までつかって温まるよう
にします。

WS000039 注意すべきこととして、風邪の時でも
お風呂に入らない方がいいときもあり
ます。


例えば、風邪で高い熱が出ている時
や頭痛がしている時は避ける
ように
します。


体から高い熱が出ているということ
は、体が風邪と戦っている証拠なの
で、体力が必要になり、熱いお風呂
に入ると余計な体力を使うことに
なりかねません。


また、頭痛がするときも避けた方が
いい時で、体が温まり血行が良く
なると余計に頭が痛くなることが
あります。


頭痛が激しくなると、ベットに入って
も寝たいのに寝られないという状況
になりかね無いので、頭痛がする時
は入浴を避けるようにしましょう。


入浴後にできることとして、しっかり
と水分を補給するようにしましょう。


この時には、栄養が含まれている
スポーツドリンクが理想的です。


さらに、冬場は浴室の気温が低いので、
お風呂を出てから身体を冷やしてしまう
ことが多いので、浴室や脱衣所には
ストーブを置いたりして、部屋の温度
を上げておくようにしましょう。


夜更かしも禁物で、早めに床に就いて
眠るようにしましょう。